前編に続いて、生徒の顔の上に跨ってクンニで気持ちよくしてもらって、はだけた着物からおっぱいはぽろり・・・書道の先生ってこんなにエロイんですね!? 今度の生徒達は前のうぶな子と違って先生の教えをすでに受けている熟練した筆を持つ生徒達! 先生を横にして手マンやら、乳揉みやらとやりたい放題!教えた通りで先生、嬉しい!? 自らすっぽんぽんになって「もっと気持ちよくなりたい」とヨダレをたらしながらつぶやく先生! オッパイをもまれながら大股開き!開いたアソコに指を滑り込ませると、先生のアソコはもうヌルンヌルン! スムーズに生徒のチンポを挿入する先生、やっぱり筆の扱いがお上手ですね!そのまま白い墨汁を先生の皿にぶちまけて!

READ MORE : エロ過ぎる書道家ハイジ 筆の扱いが上手い本物の書道家は男子生徒達の股間にある筆扱いもかなり上手らしい 後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です